WordPressでのサイト作成【準備編】

wordpress
画像引用:AC

最近では、最初から自分で構築したサイトよりも、本サイトのようにWordpressなどツールを使ったサイトで簡単に制作できるようになってきました。

それでも、「サーバー」とか聞くと身構えてしまう方も多いのではないでしょうか。
私もその1人でした。

不安に思いながらも実際に試してみたところ、サポートしてくれるツールなども多い為、非常に簡単にサイトを作成できるんです。

そこで今回は、最初に知っておいたほうがいい知識や実際にどのような準備が必要なのかをお伝えしていきます。

ネットワークの知識

サイトを作るにあたり「サーバー」というものが必要なのですが、では何故「サーバー」が必要とされているのか。

その根本的な部分がわからないと、いざWordpressでサイトを作っても不安になってしまいますよね。
そこで、「サーバー」の前に「インターネット」の仕組みなどから簡単に説明していきます。

woldwideweb
画像引用:AC

まず、「インターネット」というものは「パソコン(その他の携帯端末など)」を繋げていく網のようなシステムになります。
インターネットは「蜘蛛の巣」で例えられることが多いのですが、そもそもパソコン」など実際の機器がないとインターネットの網を作れないんです。
蜘蛛がいないところに、蜘蛛の巣はできないのと同じですね。

ホームページ(サイト)は蜘蛛の巣の「蜘蛛」の部分ですので、ホームページを作るには、ホームページを管理するパソコンを用意して、そこにサイトをアクセスできるように設定する必要があります。

当たり前ですが、ホームページを管理するパソコンがインターネットに接続できない場合は、携帯などで検索してもアクセスできなくなってしまいます。

site_sikumi
大きなサイトの接続障害は、右図の状態になったとき発生します。

その「ホームページを管理するパソコン」のことを「サーバー」と呼んでいます。

サーバーについて

じゃあ、自分のパソコンを使ってサーバーを作ればいいじゃないか。
そう思うかもしれませんが、待ってください。

サーバー(パソコン)は公開するために常に起動しておく必要があるのと、インターネットで検索するための「わかりやすい名前」をつける必要があります。

パソコンも電化製品ですので、24時間付けたままにしておくと環境によっては壊れることもあります。
また具体的には解説しませんが、「わかりやすい名前(mono-zukuri.comなど)」についても設定が必要となり、難易度があがります。

question

今お伝えした内容だけみると、
「結局、初心者は諦めないといけないの?」と
なってしまうかもしれません。

それを解決してくれるのが「レンタルサーバー」となります。

「レンタルサーバー」の知識

レンタルサーバーとは、ホームページに限って言うならば「ホームページを管理するPCを借りる」というものになります。

アパートなどを賃貸契約するときと同じと考えていただくと、わかりやすいかもしれません。
賃貸契約すると、「101号室」が自分の住所になったとします。
レンタルサーバーを借りると、レンタルサーバーの会社の「101号室」という部分を自分の住所として使うことができるシステムです。

serverimg

レンタルサーバーは安いところで100円から行っているところもあり、初期では無料期間も設けているところがほとんどなので、試してみて難しいなら辞めるという形もできます。

WordPressの知識(概要)

ホームページを管理する場所(レンタルサーバー)を用意したら、次は中身を入れていくことになります。
そういった中身(コンテンツ)の導入を補助するのが、CMSと呼ばれる「WordPress」「Joomla」といったツールです。

wordpress_top
画像引用:公式サイト

最近のレンタルサーバーでは、自動でWordPressを入れる機能が充実していることもあり、導入は簡単にできるかと思います。
サイトの設定などを理解するのに少し時間がかかると思いますので、その点はゆっくり勉強していき、素敵なサイトを作っていただけたらと思います。

まとめ

matome
画像引用:AC

今回は、ホームページ作成を始めるにあたっての基本的な内容をお伝えしましたが、如何でしたでしょうか。

理解してしまえばWordpressでの作成も難しくないですので、よろしければ一度挑戦してみてくださいね。